FC2ブログ

Welcome to my blog

黒田麻未の熟女装子としての成長と交流を綴ります。

ほぼ揃いました・・・

少し前にご紹介した新しいお洋服ですが、左下の青いドレス以外は揃いました。
(色柄ともに画像と同じ物を購入しています)
どうしても、麻未の好みはミニタイトで身体の線が強調されるお洋服、キャバ嬢的な物が殆どなんですね。
まぁ〜似合いもしないのに!と思われているのは承知の上ですが、どうしてもAGとしてはエロっぽいのを追求してしまう癖が抜けなくて・・・(汗

麻未のお洋服は全て女性用です。サイズはもちろんやや大きめ。。。今回は2着程やや大き過ぎたかな?というサイズが来たのですが、まぁ〜大きい事は良い事だということで早く変身が出来るタイミングが来る事を楽しみにしているんですよ。しかも、今回は久々にコスプレ宜しくポリスユニフォームものも購入。



変身してそれぞれのお洋服を着た際は自撮りして、ここで毎度のごとくモデルさん着用(上記画像)と麻未着用の比較画像を載せてみたいと思います。イメージ通りには行きませんが・・・自戒の念を込めて(笑

今回右上の様な真っ白なボディコンワンピは大変珍しいケースですね。だって白って膨張色なので、これ以上膨張して見えると大変な事になるのですが、このお洋服は他の色を抑えて白が一番着たいお色だったので思い切って膨張色に挑戦。その為に、白い下着のセットも併せて購入しました。

春にはハイヒールパンプスを新たに購入しないと・・・今年はとうとうブーツを履かず終いで終わりそうだわ・・・。
露出好きな麻未はどうしてもブーツよりもストッキングにハイヒールパンプスを選んでしまうので、、、、偶にはブーツも履かなきゃね。

これから暖かくなっていく季節なので、さらに露出度が増えると思います。ん〜視姦されるのが楽しみだわぁ

皆さんはどれがお好みでしょうか??

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テンプレ久し振りに変更❣️

ブログのテンプレ久し振りに変更しました。
たまには、気分を変えて…

それと…エロ小説のアップのタイミングを少し短くしてみます。

前回の部分、あまり覚えていないでしょう?読み返すのもご面倒でしょうから。


エロス

エロス、エロ、エロ変態、エロ変態マゾ…性的志向、性的嗜好、性的志向…日本語って難しいです。
ま、とは言え人それぞれである事は間違いないです。現代では、性別でさえ百人百通り。



「エロ」という言い方は卑猥いだけれど、「エロス」というと何だか文学的表現に思えてくるのは、麻未だけでしょうか?昨日火曜日はお昼過ぎから夜10時位迄電マでペニクリを刺激し続けて・・・超敏感状態のまま夜を迎え・・・堪らず電マで射精まで持っていっちゃいました。

何十回も寸止めしながら、女装子のエロビデオを見ながら、エロ変態マゾ妄想しながら・・・
我慢に我慢を重ねて、最後は喘ぎ声を出しながら、、、ドピュッドピュッドド・・・でも電マは止めません。
射精し終わっっても暫くは電マで刺激し続けます。が、やはり射精後のペニクリは敏感になり過ぎて十数秒で電マ刺激は終わります。くすぐったい感覚もありますが、それよりも・・・もう、もうダメっとなって電マの刺激に耐えられなくなっちゃいますよね。



時間が十分にあれば変身して、色々とエロ変態マゾ妄想でのアナニー中心に出来るのですが、そういう状況を確保するのが今は非常に難しいので・・・頭の中のエロ変態マゾ妄想をフル稼働して・・・。

正直最近は心身ともに疲弊している事が多いのであまりエロ変態マゾ妄想モードのスイッチが入りにくいんですよね。
ですので、早く心身のバランスを取れるように活動中です。自分の時間がある程度取れる環境にないと、どうも麻未はエロ変態には思考が回りにくい性格かもしれませんね。



まだ寒い日が続くと思いますが、もう少し暖かくなったらまた二丁目探訪にお出かけしたいと思っています。
二丁目でときめく出逢いがある事を祈って・・・そしてエロスの旅に出られるように・・・ね。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

第六回 麻未のエロ小説

彼は体制を入れ替えると、うつ伏せの麻未の大きく開かれた両脚の間に下半身をいれ、上半身は麻未の上に覆いかぶさるようにしてきました。
彼のペニスの先が麻未のアナルの入口をツンツン突きます。麻未は心もち腰を上げ、そして彼の方に突き出しました。

彼はペニスに手を添えると、麻未のアナルの入口にペニスをぐっと押し付けてきました。
そういよいよ彼のペニスが麻未のアナルの中に・・・麻未の身体と彼の身体の一部が繋がるわけです。

彼はゆっくりと手を添えたままペニスをアナルに押し入れるように腰を押し付けてきました。
最初はなかなか入らなかったようですが、麻未もアナルの力を抜き、ググッと彼が腰を押した・・・その瞬間、グッと彼のペニスの先が麻未のアナルの入口を突き破るような感覚で押し入ってきました。

「あっ、あんっぐ!」

麻未は思わず声が出たと同時に力が入ってしまいました。が、出来る限りアナルの力は抜くようにして・・・彼のモノを迎え入れました。
そうすると、彼の硬くなったペニスが麻未のアナルの内側の肉壁を押しのけるかのようにググッと押し入ってくるのがわかります。
どんどん奥へ奥へ、、、太くて硬いものが肉壁をググッと押しのけ、掻き分け押し入ってきます。太い棒が麻未のアナルの中を…というより、麻未の身体の中心をしたから突き刺すようにして入ってくる感覚が・・・

彼が腰で最後のひと突きをすると、彼のペニスすべてが麻未のアナルの中に吸い込まれるようにズルっと入ってきました。そして、彼のペニスの根元まで麻未の身体の中に入ってきました。
そう、彼と麻未は今一つに繋がったのです。

「麻未・・・、入ったよ、今全部。。。」

「うん、わかる・・・奥まで入ってるの」

彼は両手を麻未の顔を両脇に付いて、腰を麻未のお尻にぴったりと押し付け・・・今度はゆっくりとその腰を引き始めました。
ズルズルと彼の硬いペニスが麻未のアナルの肉壁をひっかけながら出ていこうとしているのがわかります。

「うう、あああん。あああ・・・あん、ああ」

麻未は再度声を漏らしてしまいました。

少し腰を引いた彼はまたその腰を麻未のお尻にぴったりとつけるように前に・・・そして後ろに。前後をゆっくり小さなストロークで繰り返していました。
麻未もそのリズムに合わせて、自らの腰を前後に動かしてみました。 しばらくして彼の腰のストロークの動きがだんだんと大きくなってきました。
ペニスがほぼ抜け切るかと言うくらいまで腰をひき、麻未のアナルの奥をまるで突くように奥まで腰を送り込んでくる。そして、また大きく引くといったストロークをゆっくり。

麻未のアナルは彼の硬くなったペニスの大きさと硬さに慣らされてきました。彼のペニスの亀頭のカリが麻未のアナルの肉壁を擦る度に身体にジンジンとした感覚が走り始めました。
彼は腰を単に前後させるだけでなく、少し変化をつけて動かし始めました。麻未のアナルはそれによって大きく左右上下に掻き乱される結果になりました。

麻未の身体は彼の腰の動きに微妙に反応するかのように、腰が自然と波打ち両脚をさらに大きく開いて、アナルの奥に彼の一物を飲み込むかのように菊門を開けている状態です。
彼の動きはだんだんと早くなって行きます。先ほどから随分と我慢していた様子で・・・麻未のアナルの中で彼のモノが一層硬くそして張り裂けそうに膨らんで行くのがわかりました。
麻未のアナルの奥は一杯に何かが詰まっているような感覚です。実際はち切れそうな彼のペニスが一杯に詰まっているのですから。

頭の中がボォ〜としながらも、麻未は彼のペニスを受け入れて、いえ、男性のペニスを生まれて初めて受け入れて記憶が遠のきそうになっていくのがわかりました。
意識をしっかりと持ってと思い返し、彼のピストンと荒い息遣いを感じながら全身で彼の愛撫を受け入れていました。
腰をゆっくり、時に早くストロークさせながら、時折麻未のうなじに背後から息を吹きかけ、首筋から肩にかけて唇で吸い付いたり、舌で舐め回したり、アナル以外への愛撫も彼は忘れず継続してくれました。

そのお陰か、麻未は意識を失わず彼の愛撫に、そしてピストンにたっぷりと身を委ねる事が出来ました。初めてとは言え、こんなに気持ち良くなって良いのかしらと言うほど彼の行為はとても上手で、麻未は全身と全神経がとろけそうになってしまっていました。

彼は麻未に仰向けになるよう促しました。少し恥ずかしいけれど、彼の顔を見ながら抱かれるんだわと思うと、さらに興奮せずにはいられません。
彼のペニスがアナルに繋がったまま、麻未は上手く仰向けになり、彼も上手く足を避けながら麻未の上に身体を預けて来ました。そして、少し腰を深く突いてきてくれました。

「あっ、そこ・・・じ〜んって来ちゃった。。」

「麻未のアナルはとっても気持ちが良いね。それに凄く締まるよ」

彼はそう言ってまた腰だけを上手に動かして、麻未の奥を突いて来ます。深く浅く、リズミカルに。麻未は更に奥に届きやすい様に脚を開いて、上にやや持ち上げるような格好になりました。

そう、アナルが上を向くので更に奥への挿入が容易くなるんです。彼の硬く張り裂けそうなペニスが根元まで麻未のアナルの奥深く突っ込まれているのがわかります。
リズミカルに、クイックアンドスローを繰り返し、麻未を責めて来ます。その都度麻未は恥ずかしいけれど声をあげて彼の愛撫に応えます。
彼に組みしだかれた格好で腕の下で、胸の下で、喘ぐ麻未です。彼は時折、麻未の両頬を持ってキスして来ます。フレンチキスです。舌をねっとりとお互い絡ませ、確かめ合うように唇を重ねます。

【次回へ続く・・・】

プロフィール見ない人たち…苦言

麻未はSNSは合計三つやってます。このfc2ブログ、Ts Love、そしてインスタグラム。ブログ村入れたら四つですが、ブログ村は特に何をしているわけでもないので…。



で、殿方のアプローチを受けるわけですよね。他の可愛い女装子さん達同様に。麻未も一応エロケバで一線張ってますから。ただね、いずれのSNSにしても、殆どの男性諸氏は麻未のプロフィールすら読んでいないという事ですね。

普通?興味ある女装子さんならその人のプロフィールぐらいは目を通しませんか?
画像だけ見て、速攻自分アピールと押し付けがましいアプローチ。

気に入りました、今度ぜひセックスしましょう。…あなたはそうでも麻未は貴方のことを気に入ってません。
自分の肉棒は必ず満足させます。…で?
人から気持ちいい肉棒といわれます。…だから?
2時間はピストン出来ます。…アナルが痛いだけです。
色々と虐めてあげたいです。…信頼関係無い人には頼めません。
本気でパートナーになりたいです。…麻未はパートナーになりたいと思いません。

だいたいが自分本位のメッセージですね、相手の事は微塵も考えていないのが良く解ります。
こんな人達は自分本位のセックスしかしないだろうし、飽きたらポイ!ですよ。



エロケバですから、そう言われる事は別に何とも思いませんが、いつも言っている通り、いきなりは無いですよね?
ある程度の交流があっての、ステップ。基本信頼関係の無い人には身体を預けようとは思いません。こう書いても何せ何も読まない人達なので無駄なのですが…結果、麻未は全てスルーしてます。

日本人だけがアプローチ下手なのかと思っていたら、外国の方もほぼ同じアプローチ…インスタグラムなんてDMで決まっていきなり自分のペニスの画像送りつけてくるのがほとんど…麻未を純女だと思ってアプローチしてくる外国の人も結構多いです。プロフィールにはちゃんと日本のクロスドレッサーって英語で書いてあるのに。



皆さん、女装子さんやニューハーフさん、男の娘さん、トランスジェンダーさんへのアプローチは必ずプロフィールをよく読んで、それからアプローチしてあげて下さいね。中にはいきなりセックスokの人もいるかもしれませんが、そうで無い人もいるんですから。

対女性に対して柔軟な対応が出来ない男性諸氏は…少なくとも麻未は男性としての魅力を感じません。
麻未の周りでもそう言う女装子さんやトランスジェンダーの方多いですよ。お気を付けあそばせ。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村