FC2ブログ

第七回 麻未のエロ小説

Category未分類
 0
彼の舌と彼のペニスの動きは別物であって、別物ではありませんでした。微妙に舌とペニスの動きが合っていると思いました。麻未の身体もそれに応呼する様に反応しています。
同時に麻未のペニクリからは透明なカウパー液が大量に漏れ出しているではありませんか・・・その証拠に、下腹部がいつの間にかベトベトになっています。
彼もそれに気が付いた様子。
「麻未も大分感じている様子だね。。。もっと感じて良いよ。」
そう言われて、麻未はとっても嬉しくなって、彼の首の後ろに両手を回してしっかりと抱きつくと一緒に腰を動かしてアンアン喘いでしまいました。
彼もその声で興奮が高まったらしく・・・・

「あっ、麻未そろそろ逝きそうだよ・・・」

「うん、そのまま来て。麻未の中に逝って良いわよ。。いえ、来て、麻未の中で逝って欲しいの。たくさん、たくさん麻未に頂戴!」

彼の腰の動きは一段と早くなって、ガンガンと容赦なく麻未のアナルの奥をどんどん突いて来ます。麻未も頭の中が朦朧として来て、、、、
呻くような、唸るような声を上げつつ彼にしがみついて両足を彼の腰に回し身体を引き寄せ密着させていきます。
彼の「ウッ」という呻き声とともに彼の腰の動きが一瞬止まり、麻未のアナルの中にいた彼の分身が膨張したかと思うと溜まっていた彼の白液を思いっきり麻未の身体の奥に向けて放出していました。

麻未も直腸の奥で噴射される彼の白液を感じながら、麻未自身のアナルの括約筋もヒクヒクと収縮しているのがわかります。彼も同時に、「ウッ、うぅ〜・・・」と言ったと同時に、「ああっ、締まる。根元が物凄い力で締め付けられてる!」と麻未の歓迎ぶりを感じて下さいました。

その後彼は麻未の身体の上に全体重をかぶせて身体を預けてきました。麻未は彼をしっかりと抱きしめて両手を彼の頭の後ろでワサワサさせながら、、、彼を愛おしく感じていました。
しばらくして、彼は麻未のアナルから彼の落ち着いたペニスを抜くと、ヌルッとした感触が・・・彼はそのまま麻未の横に仰向けに寝て、小さくふぅ〜っと息を吐き出しました。

麻未は脚を立てて開いたまま・・・彼が麻未から出ていった後から、麻未のアナルからドロッと大量の彼の白液が出始めていました。下腹に力を入れると、さらにドロッと・・・。
麻未は彼のモノになった実感をその時しみじみ噛み締めていました。やはり好きな人から、直接身体の中に射精されるのは、女性にとってこの上ない幸福感に浸れるものだと、麻未はそう思います。

仰向けに寝ている彼の肩に麻未は頬を預けて、寄り添う様に近づきました。彼は腕を麻未の首の後ろに回し肩を抱いて引き寄せるとおデコにキスをしてくれました。
おデコにキスなんて、何と茶目っ気あるのかしら? 麻未もお礼に彼の頬にキスをし返してあげました。彼の肩に頬を乗せたまま下を見ていると、テカテカと滑り光る、だけれど役目を終えた感の彼のペニスが彼の下腹部でまだ少しピクピク動いているのがわかりました。麻未は右手でそれに指を添えると、少し弄んでみました。つまんだり、振り回したり、上下させてみたり。。。

「本当はすぐに2回戦にでも挑みたいところなんだけれど、あまりにも麻未のアナルが気持ち良過ぎて、すっかり放出してしまったみたいでね。。。」

彼は悪戯に笑うと、目を閉じて少し寝始めたみたいです。部屋に戻って、すでに一時間半が経過していました。部屋に入っていきなり求めあってもうこんなに時間が経っているのね。
麻未の中では、あっという間の出来事の様に感じていましたが、彼とは一時間半もの間愛し合っていたんです。

でも、今日は彼と麻未はこのままこのホテルにお泊りなので、まだまだ時間はたっぷりあります。これからのエスコートを楽しみにして・・・いるうちに、麻未も彼の寝息につられていつの間にか眠ってしまった様でした。

ちょっとした物音で麻未はベッドで目を覚ましました。
彼がベッドの足元のナイトテーブルで、ちょうどコーヒーを入れていたところでした。

「おや、お目覚めだね」

彼は顔だけ麻未の寝ているベッドに向けて、バスローブを着た体はテーブルに向けたまま、笑顔で問いかけてきました。

「あ・・・寝ちゃったみたいで、、、ごめんなさいね。麻未がコーヒー入れます」

麻未が起き上がろうとしたら、彼は右手でそれを制し

「いいの、いいの、僕がコーヒー入れるから。君はそのままそこにいて」

麻未はベッドの上に起き上がると、シーツで上半身を隠してベッドボードにもたれて、彼の後ろ姿を見つめました。
彼の身体越しに麻未が、ナイトテーブルのミラーに映っています。彼は楽しそうに、部屋に備え付けのコーヒーを二杯、入れてくれています。

彼はトレーにカップを二つ載せると、振り向きベッドへそれを運んできてくれました。

「はい、お待たせ。どうぞ。」

「ありがとう。」 

二人とも笑顔で言葉を交わしました。

彼は麻未にトレーを渡すとすぐにバスルームへ行き、麻未のバスローブを取ってきてくれ、差し出してくれました。
麻未はベッドの脇にトレーを置いて、バスローブに袖を通して、トレーを再度膝におき、カップを彼に一つ差し出しました。
部屋に備え付けのコーヒーとはいえ、さすが一流ホテルのコーヒーです。香りもとても良く、カップも趣味の良いカップを備えていました。何となく窓の外を見ると、外はすでに少し雨が降り始めていました。

予報通りに雨になったわけです。ホテルのベッドの中で二人で黙って窓の外に降り注ぐ雨を見つめていました。
彼とは今日初めて逢って、愛を交わして身体を確かめ合って、それほど時間が流れたわけでも無いのに、なんだか随分と以前から一緒にいるような、そんな感覚に麻未はとらわれていました。

【次回へ続く・・・】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Post a comment