FC2ブログ

第九回 麻未のエロ小説

Category未分類
 0
麻未はまず・・・手の指でそっと先っぽを突いて、指でカリの部分を撫で回し・・・鬼頭部分をソフトにつまんで、それから手で竿を握りしめて少し前後にしごいてみました。彼のペニスは更に硬くなり、ピクピクと頻りに反応してきています。
次に、掌でしごきながら舌で鈴口を突いて・・・するともう彼の先からは透明なカウパー液が出始めてきました。

「はぁ、はぁ、あ、はぁ・・・」

彼の息は荒く早くなっているみたいです。麻未はそっと口の中へ彼のペニスを迎え入れるようにゆっくりと舌を絡めながら咥え込んでいきました。

「あっ、あっ、あゝあゝぁ〜」

気持ちが良いみたいで、麻未が咥え込んでいく深さに応じて彼の喘ぎ声が出てきます。しっかりと奥まで咥え込んだら、そのまま唇をすぼめてペニスには舌をねっとり絡めて、少し吸います。

「ズリュ、ズリュ、ズズぅ〜ジュポジュポ・・・」

唾液を適度に潤滑油代わりに口の中に溜め込みながら、舌を鈴口やカリに絡ませつつ、顔を前後にストロークさせていきます。口の奥に吸い込む時に口をすぼめて吸い込み、そのまま顔を前後に・・・嫌らしい音を大きく、わざと立てながらディープスロートをかけていきました。

「ぅああぁ〜、あゝ、あっ、うぅ〜あああ!」

彼は声を大きくあげると、腰まで突き出し持ち上げてきました。その所為で彼のペニスは思いのほか麻未の喉奥深くへ突っ込まれてきました。
麻未は呼吸がしにくくなって、、、目を大きく見開き、麻未の喉の奥まで容赦なく押し込まれてくるペニスを押し戻すように両手を彼の腰にあてがっていました。

麻未の口からは唾液が溢れ出て、唇とペニスの間から溢れてトロ〜っと垂れていきます。麻未も容赦なく彼のペニスに舌を纏わり付かせ、顔を前後に時にゆっくり、時に早くストロークをかけ吸い込んでいきます。彼は目を瞑ったまま、快感に任せて腰を前後にふり、麻未の口を女性器の様に思っているのか容赦なく突き進んできます。それをしっかり受け入れながら、彼を発射に導いていきます。

「麻未、とっても気持ちが良い・・・まるで、あああ、アゥ、あ、まる、あ・・あそこに入れているみたいだ。。」

「ウング、ウグ、うんん、んんん、ウグ、ウグ、ウグ、」

麻未は懸命に彼のペニスを頬張ったままご奉仕させて頂きました。彼はそろそろ限界に近づいてきた様子で腰がガクガクと震えてきています。
麻未の口の中にあるペニスもどんどんと硬さを増して、みるみる限界に達そうとしているのが、舌と口の中の感触で判りました。

「あゝ、あああ、麻未、逝き、逝きそうだよ、、、あああ、そこ、それ、もっと、もっとしゃぶってくれ、あああ、ダメ。ダメだ、出そうだ」

「うん、うん、うん、ウグ、うっていいおぉ」

麻未は彼のモノを咥えたまま、彼に射精してもいいことを伝えました。
彼は頷いて、、、腰を素早く動かしてきました。麻未は一生懸命お口でそれを受けて、更に気持ち良くなってもらえるように、舌と唇と吸い込みを調整しながら彼の放出の瞬間を待ちました。

すると、彼は突然腰の動きを止め、

「あ、ダメだ!出る、出ちゃう・・・逝くよ、麻未!!」

「ん、くて(ええ、来て)」

「あ、出る、あ、あっ、あああああ。がぁ〜あああ、麻未!麻未!麻未!うぐっあぁああぁ〜」

と、その瞬間麻未の口の中の彼のペニスはグンと大きくなると、麻未の喉の奥を目がけて勢いよく白液を放出して来ました。生暖かいあの独特の香りがお口の中いっぱいに広がったと同時に、ヌルヌルした感触の液体が口の中を埋め尽くしました。麻未はストロークを止め、それを懸命に受け止めました。
彼も腰を少し動かしては、止め、動かしては止めを繰り返し、出すものを全て出す勢いのようでした。

「あっ、っく、あゝ」

「ググ、ん、ぐうぅ」

彼は腰を止め、麻未もストロークを止め、しばらく彼が逝き終わるのを待ちました。

「っあ、あ、ぁあ。。」

どうやら、放出は終わったようです。麻未のお口の中は彼の精液でいっぱいでした。麻未はゆっくりと彼のペニスを吸いつつ、そして、お口の中に溜まった精液をこぼさないように、最後は彼の鈴口にまだ残っているであろう精液を吸い上げつつ口をペニスから離して行きました。
彼は麻未の口からペニスを抜くと、ベッドに仰向けに倒れこみ、大きく息を二、三度してぐったりした様子です。そのまま麻未を見つめて来ました。

麻未は片手を口の下に置き、今にも溢れて出て来そうなお口のなかの彼の体液をこぼさないようにしていました。
彼は悪戯な目で、そんな麻未を見ています。そう、彼の中では、麻未は口の中の精液をどうするか・・・それを見届けるつもりのようです。

「出してもいいよ、無理しなくても。」

彼はそう言ってくれました。

【次回へ続く・・・】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Post a comment