FC2ブログ

第12回 麻未のエロ小説

Category未分類
 0
時折彼はリズムをわざと変えたり、少し早く動かしてシゴキあげたりと、色々なリズムで麻未のペニクリを責めてきます。麻未も彼の手にペニクリを委ねたまま自身でも
腰の動きのリズムを変えて・・・腰を前後だけでなく回してみたりして受ける責めを楽しみました。

麻未が動かす腰の動きが必然的に彼の股間を打ち付ける事になるので、彼の股間の前もどんどん硬くなって麻未のお尻にしっかりと硬くなった彼のペニスが感じられます。
麻未はわざと彼のペニスを刺激する様に腰をリズミカルに動かしました。彼も麻未のペニクリを弄びながら、自らの腰を麻未のお尻に押し付け二人ともまるで一緒にサルサでも踊っている様な動作になっています。一つ違うのは、彼の手が麻未のペニクリを執拗に弄んでいる事でしょうか・・・

麻未は両手を彼の首の後ろに回し、頭部を麻未の後頭部に惹きつける様にしたまま、麻未の身体の背後と彼の身体の前部を密着させる様にして、そしてそれぞれの臀部と股間を
擦り合わせる様に・・・彼は執拗に後ろから麻未のペニクリを手で扱き続けます。麻未のペニクリからは明らかに透明の液体が先っぽから溢れています。そしてペニクリ自体が
硬直して彼の暖かな掌の中で弄ばれています。

彼の手は、麻未のペニクリを握ったまま動きを早くしたり、遅くしたり、鈴口を悪戯に刺激したり・・・麻未の口からはどんどん喘ぎ声が漏れてきます。

「あん、あ・・・あん、あっ、だ、ダメ・・・ペニクリの奥が熱くなってきちゃってる・・・も、もっと早くシゴいてみてほしいの・・・そこ、そう、ああああん、ああああ」

彼の手の動きに合わせて腰は反対の動きに・・・擦り擦られ、彼の手も麻未のカウパー液でねっとりしてきている様子です。

「麻未のペニクリから、さっきから凄い透明液が溢れているよ。。。ほら。。。ネチョネチョだよ」

その言葉に麻未はさらに興奮してきました。身体はリズムをとって前後に揺れています。彼の手もリズミカルにペニクリを握ったまま前後に動いています。
麻未は急に気持ち良さが込み上げてきてしまいました。

「ああああ、だ、ダメ!このままだと逝っちゃう!ああ、あっ、良い、すごく良いのぉぉぉぉ、出、出ちゃうわ、だめ!!!ああああぁん、いやぁああん!」

もうすぐ鈴口の所まで精液が出てきている感じです。このままだと間違いなく彼の手で射精させられてしまいます。
彼もそのつもりなのでしょう。扱いている手の動きを一向に止めようとはせず、むしろさらにリズミカルに絶頂へ向けてシコシコ扱きまくっている感じです。

「麻未、このまま出しちゃって良いよ。こんな格好で逝っている所をみてみたいから」

「いやぁん、恥ずかしいし、こんな野外で逝っちゃうなんて・・・あ、あ、あ、ああああ、、だ、、ダメぇ、と、止めて、いやぁあんん逝っちゃうって、ダメ・・・あ・あ・ああぁん」

麻未はどんどん絶頂へ導かれていきます。ペニクリはパンパンに腫れた様に硬直して、後は数秒後の射精を待つばかりの状態です。麻未はこのまま逝ってしまう決意を固めました。
目を閉じて、彼の手の動きに集中してペニクリのカリの部分に全神経を集中して・・・ああ、もう限界!と思ったその時、、、、

不意に彼の手が止まりました。

「??? ぅん、あ?・・・どうしたの?」

麻未は目を開けてあっけにとられ、後ろの彼を肩越しに見ました。

「逝きたかった??」

いたずらに笑っている様な彼の顔が闇夜に見えました。

「だって、、、逝かせてくれるのかと。。。!?」

「さっきまではそう思ったんだけれど、なんだか勿体無くて・・・もっと遊ぼうよ」

麻未のペニクリは硬直したまま、ビクンビクンと跳ねている感じて宙を舞っているみたいです。そして、先からは透明液を滴らせながら・・・野外で丸いみえの状態で晒されているわけです。
この状態の麻未のペニクリを彼はもっと弄びたい様子です。一体どんなことをしてくれるのかしら?麻未は変な期待を持ちつつ、彼の「遊ぼうよ」の言葉に付き合うことにしました。

彼は麻未に、

「ショーツ脱いで」

と、一言。

「?・・・え、ノーパンになるの??」

「そう」

彼は悪戯っ子の様に笑いました。麻未は彼に言われるままに、その場でショーツを取り、ノーパン状態に。脱いだショーツは彼に取り上げられ、彼はその取り上げた麻未のショーツを
ズボンのポケットにしまいこみました。と言うことは、麻未はすぐにペニクリをきちんと隠すことが出来ない状況になってしまったわけです。
マキシ丈スカートの中とは言えペニクリを露出したままこの後どんなことになるのか・・・・楽しみな様な、不安な様な、そんな気持ちでした。

【次回へ続く・・・】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Post a comment