FC2ブログ

第13回 麻未のエロ小説

Category未分類
 0
「このまま、どこかのカフェでお茶でもしよう・・・その前に。」

彼は手持ちのポーチの中をゴソゴソして何かを取り出しました。彼は麻未にそれを見せて、

「麻未、これ装着して」

それは黒いシリコン製のアナルプラグ・・・そして、バイブレーション機能付きでした。

「後ろ向いて、少し前かがみになって、足を開いてごらん」

麻未はあっけにとられたままマキシ丈のスカートの裾を腰まで捲り上げると、彼の言ういなりに少し前に屈んで両脚を開きました。彼は麻未のアナルの周りを指でよく解す様にマッサージをして、
何かをアナルに挿入。。。それは小さなシリンジの様でした。それを使って麻未のアナルの中にローションを注入した様です。少し冷たい感覚があって・・・
そのすぐ後に彼の指であろうものが容赦なく挿入されました。

「あ、んっ!」

麻未は小さな声を上げるとお尻に力が入ってしまいました。アナルがキュッと締まり彼の指をしっかりと咥え込んでしまった様な感覚。。。

「ごめんごめん、もっとお尻の穴の力を抜いて楽にして、大丈夫だから」

麻未はゆっくりと呼吸すると力を抜きながら、少し脚を開き直しました。

「そうそう、今度は少し穴の周りを解したら、このプラグを装着するからね」

そう言うと、彼は穴の中で挿入した指を前後左右に動かして穴の拡張を始めました。彼の指が穴の中で縦横無尽に動く度に麻未は両手を空を掴む感覚で動かしながら、声も
少しずつ漏れていきました。

少しすると彼は指を穴からそっと抜いて・・・

「じゃ、プラグを入れるからね。」

彼は黒いシリコンで固めに出来たバイブレーション機能付のアナルプラグをそっと、しかししっかりと麻未のアナルにゆっくりと押し込んできました。
麻未のアナルの入り口からプラグは穴を押し広げる様に押し入ってきます。アナルの穴が解されているとは言え、半ば無理やり押し入ってくる感触はマゾ性を持つ麻未には何とも
言えない屈辱感と、羞恥心とをかきたてて、身体全体に鳥肌が立ってくるのがわかりました。

先がすぼまっているプラグは半ばまでスルスルと押し入ってきましたが、一番膨らんでいる部分からは彼は無理やりグイグイ押し込んできます。それに抵抗するかの様に麻未の
アナルの穴はそれ以上開くのを拒む様に反発します。がそれも虚しく一番太い部分が無理やり入るとあとは全てがすんなりと麻未のアナルの中へスルスルと飲み込まれていきました。
アナルの中はやや大きめのプラグの所為で、異物が充満している感覚がわかります。

アナルの中ではその充満しているプラグは麻未の前立腺を微妙に刺激して、両脚がガクガクしています。麻未はスカートの裾を下ろすと何事もなかったの様に立ち直しました。
麻未はアナルに異物を装着されるとなんとも奴隷の様な従属感を感じてしまいます。今自分を支配しているのはこの目の前にいる人なんだと言う感覚、その支配からは逃れられない
と言う被虐感・・・。

不意に彼がアナルプラグのバイブレーションのスイッチを入れました。

「っは、あっ!」

麻未はびっくりして、即座に身体全体が硬直したかの様に固まりました。そして、すぐにアナルの中全体に心地の良い、けれどどこか不自然な振動が伝わりそれが脳へと伝達され
とてつもなく恥ずかしい感覚と、とてつもなく心地良い感覚とが同居して、わけが分からなくなる感覚に襲われました。両脚は必然と開き気味になり、腰の力は抜け、麻未はその場に
ヘタヘタと座り込んでしまいました。そして、彼は意地悪にもバイブレーションを一番強い動作に切り替えました。アナルの中では鈍いブゥ〜ンと言うバイブレーターの音が止めどなく
鳴って思いっきり暴れまわっています。その動きに合わせるかの様に麻未のペニクリは硬直してピクピクして反応しています。恐らく、その硬直したペニクリの先からは透明なカウパー液
がとめどなく溢れていることでしょう。もう全身性感帯状態です。

彼は地面にへたり込んだ麻未の前に立つと、ズボンをおろし半分硬くなりかけて彼のペニスを目の前に出しました。麻未は虚ろな目をしたままそれを見つめると吸い込まれる様に彼の
ペニスを咥え込んでいきました。口を少しずつ開け、ペニスの先の鈴口から徐々にねっとり咥え込む様に吸い込んで、お口いっぱいに彼の一物を含みました。舌をペニスに絡ませながら
吸い込んだり、吐き出したり、ジュボジュボと音を立てながら吸います。彼は容赦なく麻未のお口のオマンコに彼自身を突っ込んできます。時折息が出来ないほど喉の奥まで硬くなった
ものが押し込まれます。麻未は両手を彼の腰やお尻に当て、その突っ込まれ具合を調整しています。だって・・・息が出来なくて、ディープスロートってとっても苦しいの。
でも、たっぷりと彼のペニスを味わう事が出来るので、イラマチオって官能的で案外好きです。

麻未のアナルの穴の中では、アナルプラグが直腸いっぱいに嵌め込まれ、その中でバイブレーターが暴れまわって、前立腺を気持ちよく刺激しています。
麻未のペニクリもその刺激を受けて、半立ち状態で先からは透明な先走り汁を溢れさせつつ、彼の前にヘタりこんでイマラチオをさせられているのです。
麻未も気持ち良くて、声を出すのですが彼のペニスが口いっぱいに入っているため、声が外に出ることは出来ずに、口の中で彼のペニスに遮られながらウグウグ言っているだけです。

【次回へ続く・・・】
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

0 Comments

Post a comment